株式投資初心者のための株取引入門

2008年のサブプライムローンに端を発した世界不況により株式市場は大幅な下げ相場となりました。これから株式投資に向かう初心者のための入門解説サイトです。

株式投資、初心者であることの問題点

株式投資は、機関投資家(生保など)、ファンド運営者、プロの投資家などがひしめく中で投資を行います。そのため、情報などで遅れをとりがちな一般投資家はただでさえ一歩出遅れているのです。その中でも初心者であるということは、さらに知らないことなどもあり、マイナス部分が増えることになります。

株式投資をする際には、初心者であることはほぼイコールどこかで大きく負けてしまう可能性が高いのです。たとえ、一時期ビギナーズラックで勝てたとしても長続きしません。それどころか、一時期勝ってしまうと後で大きな損失を被る可能性が高いのです。

株式投資をする際に絶対に必要なのは、リスク管理など資産を守るためのノウハウです。これを知らないで取引を続けると、大きな損失とともに、株式投資から撤退ということになりまねません。

株投資入門記事一覧